FC2ブログ

5月のことば

5月のことば

万葉集「梅花の歌」序文


初春の令月にして気淑く風和らぐ
梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香に薫る

初春の良き日、気は麗かにして風は穏やか、梅は鏡台の前の
おしろいのような色に花開き、蘭は腰につける匂い袋の様に香っている。

本日から新しい御代「令和」が始まります。
日本は建国以来2679年の間、常に皇室を頂いている国。
新しい天皇の御代が災害もなく平和にいく様、心よりご祈念致します。

ラジオ体操

平成31年4月30日 平成最後のラジオ体操。

IMG_3783.jpg

年中無休。毎朝6時30分より雨天でも行っています。

春例祭

平成31年度小津神社春の例祭。
4月29日小津神社春の例祭が斎行されました。

雨の為、毎年行われている、子供神輿、奉納演奏は残念ながら行われませんでしたが、社殿内における神事は行われました。

IMG_3767.jpg

神木の前での修祓の儀。
一時的に雨が止み、

IMG_3769.jpg

宮司舞奉納。
明治天皇の御製(ぎょせい)である
「さしのぼる 朝日のごとく さはやかに もたまほしきは 心なりけり」と
「目に見えぬ 神にむかひて はぢざるは 人の心の まことなりけり」
のニ首に曲が付けられたものです。

IMG_3782.jpg

直会。例年通り薫的会館にて。

多くの氏子崇敬者ご参集のもと、無事滞りなく取り納めました。

飾り金具の取り付け

4月7日

小津神社・薫的神社の拝殿祭壇に飾り金具が取り付けされました。

IMG_3741.jpg

小津神社 拝殿。
ご神前の神幕も氏子さんによりご奉納頂きました。

IMG_3702_20190413174437100.jpg

薫的神社の拝殿。
左右一対の真榊も調整されました。

四万十市佐岡 薫的神社 例祭

平成31年4月7日(日) 四万十市佐岡の薫的神社で例祭が執り行われました。

IMG_3709.jpg

今年は、平成最後のお祭りということで、ご神体を御開帳し特別参拝を行いました。
部落の方々によって事前に大掃除が行われ、鳥居には日の丸も飾り付けて頂いています。

IMG_3719.jpg

地元の方による、琴の奉納演奏。

IMG_3726.jpg

本年は、佐岡部落の区長のご尽力もあり、県議会議長を始め、地元の四万十市市長、四万十市市議会議長、四万十市商工会会頭を始め地元の名士にもご参拝頂きました。

IMG_3707.jpg

御開帳されたご神体。
高知県で著名な彫刻家浜田浩造氏とその師匠によって約20年の歳月をかけて乾漆造りという特殊な技法を用いて作られ、平成21年に完成奉納されたものです。
今回、平成が終わり、新しい令和の御代を向かえるにあたり、初めてご神体の御開帳が行われました。

IMG_3722.jpg

祭りのクライマックス餅投げ。
約700人の参拝者に6俵の餅が投げられ、熱狂的な盛り上がりを見せました。
プロフィール

神社管理者

Author:神社管理者
小津神社、薫的神社神主のブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード