FC2ブログ

九月のことば

九月のことば

信言は美ならず
  美言は信ならず


        老子

〇まこと(真実)の言葉は耳障りなこともある。しかし、上辺を飾った言葉には信が感じられない。

八月のことば

八月のことば

悔いは凶より
吉に赴くの道なり


中江藤樹(江戸初期の陽明学派の祖)
○悔い改めることが善に赴くの一転機である。

七月のことば

七月のことば

其の身にそまりては
 いかなる悪事も見えぬものなり


―日本永代蔵― 井原西鶴 (江戸前期・浮世草子作者)

○町人の経済生活を描いた「永代蔵」の一説。従前の悪臭に慣れ、悪を悪と感ずる心を失うことは恐ろしいことだ。

六月のことば

六月のことば

愚かなる者は 
思う事おほし


―風俗文選― 松尾芭蕉

五月のことば

五月のことば

倹約の仕方は 不自由なるを 忍にあり

伊達政宗(仙台伊達藩主)

〇政宗は戦国期を生き、外様大名の実力者として家康、秀忠、家光の三代に亘って重んぜられた。
今は百年に一度の国難。じっくりとこらえ時を待つべし。
プロフィール

神社管理者

Author:神社管理者
小津神社、薫的神社神主のブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード