FC2ブログ

八月のことば

八月のことば

ふせい                  くみ
不正の祈祷は天地与せず
ひれい             か み  う
非礼の奉賽は神祇享けず

 ー 二十一社記 ー  北畠親房

〇天地の神は人を陥れるような不正の祈りを決して聞き入れいない。礼を失したお礼参りも決してお享けしない。

七月のことば

七月のことば

山中の賊を破るは易く
心中の賊を破るは難し

王陽明(中国・明時代の儒者)

〇山中の賊(悪者)を討ちとるは、心に巣くう賊を打ち破るより容易である。

6月のことば

6月のことば

努力する人は希望を語る
怠ける人は不満を語る。

              井上 靖

5月のことば

5月のことば

万葉集「梅花の歌」序文


初春の令月にして気淑く風和らぐ
梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香に薫る

初春の良き日、気は麗かにして風は穏やか、梅は鏡台の前の
おしろいのような色に花開き、蘭は腰につける匂い袋の様に香っている。

本日から新しい御代「令和」が始まります。
日本は建国以来2679年の間、常に皇室を頂いている国。
新しい天皇の御代が災害もなく平和にいく様、心よりご祈念致します。

四月のことば

四月のことば

  御製  今上陛下

贈られし ひまわりの種は 生え揃ひ
 葉を広げゆく 初夏の光に



〇阪神大震災で亡くなったはるかさん(当時11歳)の遺族が皇后さまに渡したヒマワリの種は、毎年御所の庭でまかれ花から種をとり育てられているという。退位を控えた最後の歌会始で被災者に心を寄せられた歌である。
プロフィール

神社管理者

Author:神社管理者
小津神社、薫的神社神主のブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード