fc2ブログ

祖霊祭

令和9月23日秋分の日
祖霊祭を行いました。

コロナ禍にも関わらず100名近い人にご参列頂きました。

IMG_5579.jpg

参進

IMG_5573.jpg

お祓い

IMG_5575.jpg

祭祀奏上

IMG_5574.jpg

祭典中、祭壇の照明がピカピカ✨、付いたり消えたり繰り返しました。
年忌祭などの祭典でもよくこの照明を使いますが、こんなことは起こったことがありません。
御先祖様が喜んでいたのでしょうか。不思議なことです。

神道は御先祖との縦の繋がりを大切にします。
近年、自分さえよければいいというような、個人主義が強まり伝統的な価値観が古臭いものとみられるところがありますが、そんな中においてもこれだけの多くの方がご参拝に見えるということは有難いことです。
御先祖様に感謝。先祖や子孫に対し恥ずかしくない生き方をする。そして次世代に継承していく。
私共神主は、そういう価値観を大事にしたいと考えています。

IMG_5580_20210927143043d78.jpg

この日の高知新聞朝刊。
当社の公告が出ています。

悪疫退散

悪疫退散!!

幟を立てました。

一日も早い終息をお祈りいたします。

IMG_5553.jpg

看板のデザインが変わりました。

IMG_5551.jpg

絵は下谷二助先生。
祈りを捧げる薫的和尚。
印象的なイラストです。

花手水

IMG_5533.jpg

手水舎にお花を飾ってみました。

薫的神社 皆山集

IMG_20210703_0001.jpg

土佐の代表的歴史書の一つ『皆山集』に薫的神社の前身『瑞應寺』の絵図が書かれています。

江戸時代には、今の県道まで南に参道が伸び、その参道には左右に木が植えられていました。

『瑞應寺』は曹洞宗のお寺で、長宗我部家の菩提寺でありました。

長宗我部家が大高坂(現在の高知城)に城を築くに伴い岡豊から天正年間頃(1580年頃)現在の地に移されたとも云われています。

400年以上昔、城下町を作っていく上において、まさに最初に造られた寺と言えます。

淡島様・白椿様

令和3年7月9日

淡島様の橋を朱色に塗り替えました。
淡島様は女性の守護する神様。

TPZP8704.jpg

白椿様の外周の囲いを塗り替えました。
白椿様は薫的和尚の師匠である牛的和尚を祀る神社です。

IMG_5498.jpg

お陰様で綺麗になりました。
プロフィール

神社管理者

Author:神社管理者
小津神社、薫的神社神主のブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード