FC2ブログ

賽銭箱新調

令和2年11月10日

賽銭箱を新調しました。

IMG_4912.jpg

栽山会合同慰霊祭

令和2年9月22日 秋分の日

栽山会合同慰霊祭が行われました。

コロナ禍の中ではありますが、多くの会員の皆様にご参拝頂きました。

IMG_4849.jpg


IMG_4850.jpg

鳥居周辺工事

鳥居周辺の工事の様子。

IMG_4631.jpg

令和2年5月21日
解体。

IMG_4633.jpg

令和2年5月21日夕刻
敷石撤去後。

IMG_4636.jpg

令和2年5月24日
石工事。

IMG_4665.jpg

令和2年6月26日
狛犬周辺の石組みの調整。

IMG_4642.jpg

前の敷石は、割れていたものは廃棄し、綺麗なものは会館への延伸と淡島神社への飛び石に使われ、再利用されました。

IMG_4733.jpg

令和2年8月3日

仕上げの洗い出し工事。

美しく調整されました。

御開帳ご案内

IMG_4486-1 - コピー

50年に一度の御開帳
薫的さん
現る。


御開帳期間
令和3年3月22日(月)~3月28日(日)
午前9時から午後5時まで

場所
薫的会館

ご祭神は気骨の和尚
350年祭


薫的和尚は寛文11年(1671年)正月10日
高知城をはたと睨み自らの舌を噛み切り自害されました。気骨の和尚の生き様は、「元祖いごっそう」と語り継がれ、ご入寂350年を迎える今も、土佐の土着の神様として県内はもとより県外の皆様からもご参拝頂いています。当社では、大神様の御神威を次の50年後100年後に繋いでいく為、50年に一度ご神体であるご神像を一般に広く御開帳しています。この機会に是非とも多くの皆さまにご参拝頂き、大神様の御神徳を賜り、土佐人の気質と歴史に触れて頂きますようお願い申し上げます。

薫的神社 第7代宮司 中地英彰 

命日祭

2月9日
ご祭神薫的和尚の命日祭が行われました。
今年はご祭神の御命日から349年になります。

例年、旧暦の正月10日に行われています。
今年は2月3日の節分祭の日と重なる為、一週間遅れでご奉仕を致しました。

来年は350年祭となります。
当社では50年に一度ご神像を御開帳しており、来年はご神像を一般に公開致します。
多くの皆様に大神様の御神威を頂いて頂き、次の世代に繋いでいきたいと考えています。

令和3年3月22日(月)~3月28日(日)を御開帳期間といたします。

また改めてご案内を致しますが、是非とも多くの皆様に大神様のお姿を見て感じて頂きたいと存じます。

IMG_4451 - コピー
プロフィール

神社管理者

Author:神社管理者
小津神社、薫的神社神主のブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード