花回廊

4月7日午後9時より高知城で行われたイベント「花回廊」で雅楽の演奏を行いました。

IMG_1785.jpg

◯演目
管弦
平調音取り
越殿楽

舞楽 蘭陵王
小乱声
陵王乱序
沙陀調音取り
当曲
安摩乱序

長慶子

IMG_1786.jpg

舞楽蘭陵王

IMG_1784.jpg

IMG_1783.jpg

〇蘭陵王
古代中国の北斉の王、蘭陵王の逸話にちなんだ曲目で、端正で優しい風貌であった名将、蘭陵王が
優しげな美貌を、荒々しい仮面に隠し、いくさに挑み見事に勝利した為、兵士たちが喜び歌に
したのが曲の由来とされています。
男性がこの舞を舞う場合は、故事に則り、仮面をつけて舞いますが、
女性が舞う場合は、優しい顔立ちになぞらえ、素顔で舞う場合もあります。
武人の舞らしい勇壮さと、美貌で知られた蘭陵王の優雅さを併せ持つ曲です。

次回は面をつけて舞う予定です。

雅楽同好会演奏のご案内

4月7日午後9時より 高知城にて行われるイベント花回廊で雅楽同好会が出演します。

IMG_1777.jpg

〇時間:4月7日(金)午後9時~
○場所:高知城追手門≪華の舞台≫
〇演目
管弦
平調音取り
越殿楽

舞楽 蘭陵王
小乱声
陵王乱序
沙陀調音取り
当曲
安摩乱序

長慶子
少し遅い時間帯ですが、是非お越し下さい。

IMG_1773.jpg

豊穣祭

10月1日午後8時。
少し前になりますが、高知市中央公園に於いて行われたイベント、豊穣祭で薫的神社雅楽同好会が雅楽の演奏を行いました。

14516527_1028539167262928_668702667213431613_n.jpg

曲目は

① 平調音取り
② 越殿楽

③ 小乱声
④ 陵王乱序
⑤ 沙陀調音取り
⑥ 蘭陵王当曲
⑦ 安摩乱序

⑧ 長慶子

管弦、越殿楽の様子。

14494708_1028539173929594_6195884177933218397_n.jpg

篳篥。

14502831_1028539193929592_4807809641481479919_n.jpg

舞楽、蘭陵王。

14492419_1028539230596255_8550185406037547384_n.jpg


14469641_1028539227262922_1343118996160941174_n.jpg


14449003_1028539270596251_8636320960163486122_n.jpg


14449998_1028539277262917_2838693933903958417_n.jpg

多くの方の前で、雅楽を聞いて頂くことが出来ました。

薫的神社雅楽同好会は、週1回の練習で、会費は無料。
初心者でもご参加頂けます。

雅楽に興味がある方は、薫的神社までお問合せ下さい。

花回廊

平成28年4月1日 高知城花回廊で雅楽同好会が出演しました。

12923323_1097883286917927_1100984535372861614_n.jpg

演目は

平調音取り
越殿楽
其駒(そのこま)
さくら
長慶子

12919697_1097883280251261_2953959508938140823_n.jpg

其駒は別名、人長舞(にんじょうまい)とも言われ、長保4年(西暦1002年)に宮中(きゅうちゅう)の内侍所(ないしどころ)で最初に奏されたと言われています。
以来、毎年宮中行事で行われる御神楽(みかぐら)の一部です。
宮中で行われる御神楽(みかぐら)は夕刻から深夜にかけれ行われる長大なもので、一般に公開されることはありません。神奈川県の鶴岡八幡宮、京都の伏見稲荷などでは神事の中で奉奏され公開されいます。

12670803_1097883303584592_2960534635058561020_n.jpg

歌詞は「そのこまぞや われに われにくさこふ くさはとりかはむ みづはとりかはむや」の歌が歌詞になっています。
意味は、「その馬が私に草を請うので、草を取ってあげて飼おう、水を汲んであげて飼おう」となります。

12932795_1097883310251258_246563926530104024_n.jpg

高知県では公の場において初めて御神楽が奉奏されました。

花回廊出演

4月3日(金)4日(土)5日(日)の3日間、高知城花回廊が開催されます。

SCN_0001.jpg

薫的神社雅楽同好会として、3日(金)午後9時より演奏を行います。

演奏曲は、

① 平調音取り
② 越殿楽(管弦吹き)
③ 蘭陵王(舞楽吹き)
【陵王亂聲・小亂聲・沙陀調音取り・当曲・案摩亂聲】
④ 浦安の舞

です。

追手門の前特設ステージ≪華の舞台≫にて行います。

是非ご鑑賞ください。
プロフィール

神社管理者

Author:神社管理者
小津神社、薫的神社神主のブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード