12月のことば

天地の波は恐し(かしこし) 然れども

神を祈りて 船出せばいかに


―万葉集巻七・雑の歌―

○大洋の波は、それは恐ろしい。しかしながら、斎戒沐浴して、神様にお願いして、船を出しさえすればよかろうと思う。そうしてはどうですか(折口信夫)
上代(万葉時代)では、「神を祈る」とあり、助詞の「を」は神に深く心を奇する心情で、神様が守っていただけるので祈るということになる。

プロフィール

神社管理者

Author:神社管理者
小津神社、薫的神社神主のブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード